古墳名

五社神古墳 ごさしこふん

場所

奈良県奈良市山陵町

築造年代

4世紀末

被葬者

不明

墳丘の大きさ

267m

形状

前方後円墳

備考

考古学・歴史学16学会代表による、陵墓への学会立ち入り調査。(2008年)

【トピック】

被葬者は明らかではないが、宮内庁治定で「神功皇后の陵」とされる。

全国で12番目に大きい規模で、築造は4世紀末と推定されている。

左右非対称の前方後円墳で、前方部は南方を向いている。検出された品々は葺石・埴輪などがある。

周濠が確認されているが、後で作ったと推定されている。

【アクセス】

近鉄 京都線平城駅(徒歩約5分)

【周辺の古墳】

佐紀石塚山古墳

佐紀陵山古墳

佐紀高塚古墳