大阪の堺市に位置する、土師ニサンザイ古墳 はぜにさんざいこふん。

墳丘の大きさは310メートルあり、全国でも第7番目に大きい前方後円墳です。

 

宮内庁によると、被葬者は第18代反正天皇と言われています。

築墳は5世紀後半とされています。

 

現在の濠は1重ですが、実際は2重の濠があったとされています。

調査で、巨大な木橋がかけられていたことも明らかにされました。橋の大きさは12メートルを超える大きさです。

【交通機関】

電車 南海高野線「中百舌鳥駅」より徒歩

車 阪神高速15号堺線「堺出入口」降車

【周辺の宿泊施設】