古墳時代に、多くの古墳が築造されました。

現代では、発掘技術と、国際文献の登場で信ぴょう性は向上していますが、

謎はまだまだ多く、確かなところは、当時の人達のみ知る事実ですね。

(古墳時代とは、3世紀半ば~7世紀末ごろと言われています)

 

古墳時代は、5つに分けて分類されています。

  1. 古墳時代 出現期
  2. 古墳時代 前期
  3. 古墳時代 中期
  4. 古墳時代 後期
  5. 古墳時代 末期

です。

 

また、縄文時代・弥生時代にならび日本の考古学上で重要な時代区分であると考えられています。

 

前方後円墳や埴輪・円墳や八角墳など、

出土品や墳の形状からも時代区部が推測されます。

 

また、「日本書紀」や「古事記」でのみ記述がある時代もあり、

朝鮮や中国との交友も推測に使用されます。

 

古墳時代には「倭国」と名乗っていた日本は、

古墳時代終了後に「日本」と国名を変えたと言われています。

 

世界最大の古墳 仁徳天皇陵古墳