古墳 都道府県別

先に世界遺産にと登録された「百舌鳥・古市古墳群」の影響や、2020五輪東京大会も重なって、日本のルーツになっている「古墳」に注目が集まっています。

関連記事:https://mapmapmap.online/?p=50

都道府県別にみてみると、沖縄県・北海道・青森県には古墳が存在していなかった(いない)事が分かります。

スポンサーリンク

上記のリンク先にもありますが、近畿地方に古墳は最も多いです。

近畿地方に古墳が多い理由とは?

近畿地方に古墳が多い理由は諸説あります。

卑弥呼が住んでいたからとか、日が沈む方角が関係しているとか。

結論的にいうと「豪族が多く住んでいた為」なのですが、日本の古代人を思うロマンをつまみに、想像してみるのも楽しいです。

全国に古墳はいくつくらいある?

古墳が多い県やその理由は、先述しました。

全国に古墳は約16万基程存在又は存在していたという記録が残っています。

関連記事:古墳の多い県ランキング