地点区分:近畿

  • (2018年9月4日)

    室宮山古墳(むろみややまこふん)は、墳丘長が238メートルで全国18位の大きさの前方後円墳。 奈良県の御所市大字室に位置する。 ・古墳形状:前方後円墳 ・築造時期:5世紀初頭(古墳時代中期) ・別名:室大墓(むろのはか/むろのおおばか) ・被葬者:葛城襲津彦(か...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年7月30日)

    行燈山古墳 あんどんやまこふん 崇神天皇陵 すじんてんのうりょう (データ) 奈良県天理市柳本字行燈 墳丘長:342メートル 高さ:31メートル(後円部) 竪穴式石室 築造時代:4世紀前半   (備考) 柳本古墳群形成の一つ。 大きさ...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年7月30日)

    岡ミサンザイ古墳 (データ) 大阪市藤井寺4丁目 墳丘長:245メートル(全国第16位) 高さ:20メートル 築造時期:5世紀末 出土品:円筒埴輪・形状埴輪 (備考) 宮内庁治定で第14代仲哀天皇が被葬者である説と、 第21代雄略天皇である一説がある...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年6月13日)

    メスリ山古墳(めすりやまこふん)は、規模・埋葬品とも 大王級の陵墓だが、詳細な書物など無く伝承がない状態。 出土品などからメスリ山古墳は当時、絶大な力を持った首長が   祀られている墳墓であったと考えられています。 墳丘長:224メートル 前方後円墳 (...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年6月12日)

    市庭古墳は奈良県奈良市佐紀町・塚本・市庭に位置する前方後円墳。 佐紀盾列小津んを形成するうちの一つ。 現在では、後円部の一部以外は消滅している。 平城京大極殿という、日本古代の朝廷の正殿のすぐ北にあり、 かつては直径100mを超える最大級の円墳だったと推測されている。...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年5月26日)

    古墳名 ウワナベ古墳 場所 奈良県奈良市法華寺町 築造年代 5世紀中旬 被葬者 八田皇女(宮内庁推定) 墳丘の大きさ 255m 形状 ...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年5月14日)

    古墳名 五社神古墳 ごさしこふん 場所 奈良県奈良市山陵町 築造年代 4世紀末 被葬者 不明 墳丘の大きさ 267m 形状 前方後円墳...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年5月5日)

    (墳丘長)278m (高さ)30m (被葬者)倭迹迹日百襲姫命 やまとととひももそひめのみこと(宮内庁治定) 卑弥呼 ひみこ(推定) 箸墓古墳は、古墳時代初期に築造されたのではないか、という研究説があります。 前方後円墳で、円墳との境目に、溝があることなどから、...
    詳しくはこちら
    地点区分:

スポンサードリンク

ページ

検索

マップ区分

最新マップ

スポンサードリンク

更新履歴

RSS

スポンサードリンク