地点区分:近畿

  • (2018年11月14日)

    太田茶臼山古墳(おおたちゃうすやまこふん)は、大阪府茨木市太田にある前方後円墳です。 宮内庁の治定で、第26代継体天皇陵に定められています。   大阪府では最大規模の前方後円墳で、全国で21番目に大きい古墳です。 出土品には、円筒埴輪・形象埴輪があり推定5世紀中葉と...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年11月1日)

    宝来山古墳 ほうらいさんこふん 奈良県 table { border-collapse: collapse;}th { border: solid 1px #666666; color: #000000; background-color: #ff9999;}td { border: so...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年10月24日)

    古墳データ 古墳名 市野山古墳 場所 大阪府藤井寺市府一丁目 交通機関 近鉄南大阪・土師ノ里駅から徒歩8分 推定築造年数 5世紀ごろ 古墳の形状 前方後円墳 墳丘長 230メートル 出土品 円筒埴輪・形象...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年9月4日)

    室宮山古墳(むろみややまこふん)は、墳丘長が238メートルで全国18位の大きさの前方後円墳。 奈良県の御所市大字室に位置する。 ・古墳形状:前方後円墳 ・築造時期:5世紀初頭(古墳時代中期) ・別名:室大墓(むろのはか/むろのおおばか) ・被葬者:葛城襲津彦(か...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年7月30日)

    行燈山古墳 あんどんやまこふん 崇神天皇陵 すじんてんのうりょう (データ) 奈良県天理市柳本字行燈 墳丘長:342メートル 高さ:31メートル(後円部) 竪穴式石室 築造時代:4世紀前半   (備考) 柳本古墳群形成の一つ。 大きさ...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年7月30日)

    岡ミサンザイ古墳 (データ) 大阪市藤井寺4丁目 墳丘長:245メートル(全国第16位) 高さ:20メートル 築造時期:5世紀末 出土品:円筒埴輪・形状埴輪 (備考) 宮内庁治定で第14代仲哀天皇が被葬者である説と、 第21代雄略天皇である一説がある...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年6月13日)

    メスリ山古墳(めすりやまこふん)は、規模・埋葬品とも 大王級の陵墓だが、詳細な書物など無く伝承がない状態。 出土品などからメスリ山古墳は当時、絶大な力を持った首長が   祀られている墳墓であったと考えられています。 墳丘長:224メートル 前方後円墳 (...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • (2018年6月12日)

    市庭古墳は奈良県奈良市佐紀町・塚本・市庭に位置する前方後円墳。 佐紀盾列小津んを形成するうちの一つ。 現在では、後円部の一部以外は消滅している。 平城京大極殿という、日本古代の朝廷の正殿のすぐ北にあり、 かつては直径100mを超える最大級の円墳だったと推測されている。...
    詳しくはこちら
    地点区分:

スポンサードリンク

検索

マップ区分

最新マップ

RSS

スポンサードリンク