神話からみる古墳

古事記(7123年)と日本書紀(720年)が日本で

最古の歴史書です。

記紀と呼ばれています。

  • 天地創成
  • 神々の世
  • 神々の子孫である天皇

2つの神話はこのテーについて書かれたものです。

その中でも、出雲40%、日向20%の話題で占めています。

 

古事記の中には一度は耳にしたことのある

  • アマテラスオオミカミ
  • イザナギノミコト
  • イザナミノミコト
  • ヤマタノオロチ
  • テンソンコウリン

などのフレーズもたくさん出てきます。

神話と重ねて古墳を巡れば、古くいにしえの

先人たちの心を感じれるかもしれません。

スポンサードリンク

翻訳ツール

検索

マップ区分

RSS

スポンサードリンク