富雄丸山古墳 とみおまるやまこふん 奈良県

富雄丸山古墳は、奈良県奈良市にある重要文化財が多く出土している円墳です。

円墳としては、国内最大級で105メートル(直径)です。

 

◆特徴

明治時代に、盗掘されたことがあります。

奈良市の教育委員会が、史跡整備のために発掘調査を現在も行っています。

1972年には、団地建設のために発掘調査されたこともあります。

 

円墳としては国内で最も大きい規模、表面には葺石・埴輪片が見つかっています。

竪穴式石棺の簡略版と推定されている、粘土槨で割り竹型木簡が用いられています。

 

出土品の多くは重要文化財に指定されています。出土品から推定される築造年数は、4世紀後半(古墳時代前期・後半)と推定されています。

 

◆重要文化財

  • 斧頭型石製品 9個
  • 刀子形石製品 6個 (とうし)
  • 盤型石製品 1個
  • 槍鉋型石製品 1個 (やりがんな)
  • 鍬形石 2個
  • 琴柱形石製品 12個 (ことじ)
  • 碧玉合子 2合 (へきぎょくごうし)
  • 碧玉管玉 17個 (へきぎょくくだたま)
  • 有鉤釧形銅製品 1個 (ゆうこくくしろ)
  • 銅板 2枚

◆その他・出土品

三角縁神獣鏡(3枚)

  1. 三角縁画文帯玉五神四獣鏡
  2. 三角縁吾作銘四神四獣鏡
  3. 三角縁画像文帯盤龍鏡

 

まとめ

粘土槨で埋葬されていることから、王の墓陵ではないが、出土品の多さから当時の生活や技術が推定できますね。

円墳では最大級の富雄丸山古墳、奈良市の教育委員会が整備をしているので、更に解明される事実があるかもしれません。

スポンサードリンク

翻訳ツール

検索

マップ区分

RSS

スポンサードリンク