古墳時代に古墳が造られた

古墳時代に、多くの古墳が築造されました。

現代では、発掘技術と、国際文献の登場で信ぴょう性は向上していますが、

謎はまだまだ多く、確かなところは、当時の人達のみ知る事実ですね。

(古墳時代とは、3世紀半ば~7世紀末ごろと言われています)

 

古墳時代は、5つに分けて分類されています。

  1. 古墳時代 出現期
  2. 古墳時代 前期
  3. 古墳時代 中期
  4. 古墳時代 後期
  5. 古墳時代 末期

です。

 

また、縄文時代・弥生時代にならび日本の考古学上で重要な時代区分であると考えられています。

 

前方後円墳や埴輪・円墳や八角墳など、

出土品や墳の形状からも時代区部が推測されます。

 

また、「日本書紀」や「古事記」でのみ記述がある時代もあり、

朝鮮や中国との交友も推測に使用されます。

 

古墳時代には「倭国」と名乗っていた日本は、

古墳時代終了後に「日本」と国名を変えたと言われています。

 

世界最大の古墳 仁徳天皇陵古墳

神話からみる古墳

古事記(7123年)と日本書紀(720年)が日本で

最古の歴史書です。

記紀と呼ばれています。

  • 天地創成
  • 神々の世
  • 神々の子孫である天皇

2つの神話はこのテーについて書かれたものです。

その中でも、出雲40%、日向20%の話題で占めています。

 

古事記の中には一度は耳にしたことのある

  • アマテラスオオミカミ
  • イザナギノミコト
  • イザナミノミコト
  • ヤマタノオロチ
  • テンソンコウリン

などのフレーズもたくさん出てきます。

神話と重ねて古墳を巡れば、古くいにしえの

先人たちの心を感じれるかもしれません。

スポンサードリンク

翻訳ツール

検索

マップ区分

RSS

スポンサードリンク