古墳時代に古墳が造られた

古墳時代に、多くの古墳が築造されました。

現代では、発掘技術と、国際文献の登場で信ぴょう性は向上していますが、

謎はまだまだ多く、確かなところは、当時の人達のみ知る事実ですね。

(古墳時代とは、3世紀半ば~7世紀末ごろと言われています)

 

古墳時代は、5つに分けて分類されています。

  1. 古墳時代 出現期
  2. 古墳時代 前期
  3. 古墳時代 中期
  4. 古墳時代 後期
  5. 古墳時代 末期

です。

 

また、縄文時代・弥生時代にならび日本の考古学上で重要な時代区分であると考えられています。

 

前方後円墳や埴輪・円墳や八角墳など、

出土品や墳の形状からも時代区部が推測されます。

 

また、「日本書紀」や「古事記」でのみ記述がある時代もあり、

朝鮮や中国との交友も推測に使用されます。

 

古墳時代には「倭国」と名乗っていた日本は、

古墳時代終了後に「日本」と国名を変えたと言われています。

 

世界最大の古墳 仁徳天皇陵古墳

古墳の大きさランキング

大阪の堺市のホームページで古墳の大きさのランキングがありました。

  1. 仁徳天皇陵古墳(486m)
  2. 応神天皇陵古墳(425m)
  3. 覆中天皇陵古墳(365m)
  4. 造山古墳(350m)
  5. 河内大塚山古墳(335m)
  6. 五条野丸山古墳(310m)
  7. ニサンザイ古墳(300m以上)
  8. 渋谷向山古墳(300m)
  9. 仲姫命陵古墳(290m)
  10. 作山古墳(286m)

大きさは全長です。

参考サイト堺市公式ホームページ


因みに、古墳は近畿地方が最も多いです。

 

参考:古墳の多い県ランキング

古墳あれこれ

古墳と一言で言っても、全国には大小合わせると20万墓以上の古墳が確認されています。

一般的に、古墳が作られていた時代のことを古墳時代と呼んでいます。

 

古墳時代に作られた古墳の中に埋葬された品々は、時空を超えて当時に人々の生活や文化を伝えてくれます。

出土品からは

  • 日用品
  • 土器
  • 埴輪(はにわ)
  • 鍛治工房品

などが被葬者と共に埋葬されています。

また、心無い人々の墓荒しなどで、破壊や盗難の事件を乗り越え現生にその姿を残しています。

 

古墳は、集団の首長の死に際し築かれたと言われています。

壮大な墳丘や、個人を埋葬するための石室、棺、槨を設けて、さらに副葬品をたくさん添えてあげていたようです。

 

その、副葬品の中には、当時の文明や技術などの、社会的・文明的要素がたくさん詰まったメッセージです。

考古学的にも、非常に重要な要素で、日夜研究が重ねられています。

 

実は、考古学的にも古墳というのは確かなものの確立がなかなか難しい分野になっています。

 

土地の開発や、盗難で事実が不明のなっているものが少なくありません。

 

他にも

  • 前方後円墳などの形を整えた物を古墳と呼ぶのか?
  • 古墳時代は一体いつからのことをさすのか?
  • 弥生時代に作られた古墳は古墳とは呼べないのか?

など、学閥などで主張なども別れていて整理には時間が必要そうです。

 

ただ、一つだけ言えるのは、先人たちのメッセージは確実な事実です。

のちの人に技術を伝えよう、文明を伝えよう、大切な人を最大の愛で見送ろう。

あなたの心にある想いは、先人にもあったのです。

 

この辺りは、時代が変わっても不変の内容です。

 

そして、現生でも1000年以上前に造られた古墳や出土品から、パワーをもらえることが可能です。

 

私たちにとって、古墳は間違いなくパワースポットであり、古墳に訪れた際には、心で先人と対話ができるかもしれませんね。

 

 

古墳 情報

古墳は日本に残る歴史の証ですね。

とても大きな前方後円墳などは、タイムスリップ感と感動が味わえます。

大阪・堺の大仙古墳など日本で最大の古墳で、クフ王ピラミッドと秦の始皇帝墓陵と総称され「世界三代古墳」とも呼ばれています。

旅の目的に「古墳めぐり」をテーマにした際、どの古墳も行く価値のある旅になりました。

古墳は、近畿地方にもっとも多く旅行の目的に「古墳めぐり」をされる方がいます。

 

時空を超えて、現代に当時のメッセージを伝えてくれる「古墳」の魅力をご紹介していきます。

スポンサードリンク

翻訳ツール

検索

マップ区分

RSS

スポンサードリンク