古墳 サイト > 埴田後山無常堂古墳

石川県小松市 埴田後山無常堂古墳 はねだうしろやまむじょうどうこふん 甲冑などを期間限定で公開中!

石川県小松市 埴田後山無常堂古墳(はねだうしろやまむじょうどうこふん)等から出土した、1500年前の甲冑などが公開されています。小松市の市埋蔵センターが主催で行われています。八里向山やさとむかいやまF7号墳と、埴田後山無常堂はねだうしろやまむじょうどう古墳から合わせて35点の出土品がでて、展示されるのは2月11日まで。

眉庇付冑(まびさしつきかぶと)は保存状態も良く、他にも短甲(たんこう)や、銅鏡、四獣鏡(しじゅうきょう)などが並んでいます。市内の他の土地で見つかった埴輪も展示されています。どうやら、近畿地方の軍事的にかかわりの強い人物が埋葬されていることが、推測されているようです。

期間限定の公開ですので、1500年前の時を感じに行けるのは今だけですね。

(インフォメーション)

入場料は無料。水曜と祝日の翌日が休館日になっていま。問い合わせ(電話:0761・47・5713)まで。

 

スポンサーリンク

翻訳ツール

検索

マップ区分

RSS

スポンサーリンク