古墳 サイト >

大仙古墳 仁徳天皇陵古墳 内部公開 正辰祭

国内で最も大きな古墳、

大阪堺市にある前方後円墳は

仁徳天皇量古墳又は大仙古墳(だいせんこふん)

と呼ばれる国内で最大の古墳です。

 

 

約1600年前に築造されたと推測されている宮内庁治定の大仙古墳で

堺市と宮内庁の共同発掘調査が行われました。

墳丘長は486メートル。

 

 

表面んも地層から20~40センチ掘れば

当時の石敷きが表れました。

 

 

調査員が計算すると、

当時円筒埴輪(はにわ)は合計で7千以上があった計算がされています。

築造を急ピッチで行った形跡も見受けられています。

それは、焼きの温度の違いで出る埴輪表面の色の違いにも確認ができたそうです。

 

 

非常に大きな世界的建造物ですが

現在崩壊が続いていて、保全のために

宮内庁や堺市が施策をしています。

 

 

2月8日には、仁徳天皇の命日を祈る正辰祭(しょうしんさい)が行われます。

仁徳天皇陵 所在地情報

スポンサーリンク

検索

翻訳ツール

最新マップ

アーカイブ

RSS

スポンサーリンク