天照大神 あまてらすおおみかみ

天照大御神、天照大神、これらは全て、「あまてらすおおみかみ」を、指す文字です。

 

日本神話に登場する、自然神で各地の神社にも祀られています。鎮座しているのは、伊勢神宮になります。

 

天照大神は、皇室の祖神、日本国民の総氏神として、太陽の神格化したのものです。

 

【名前】

天照大御神 あまてらすおおみかみ

【性別】

女性

【備考】

古事記→天照大御神と表記

日本書紀→天照大神

別名→・大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)

・大日尊女(おおひるめのみこと)

・大日霊(おおひるめ)

・大日女(おおひめ)

伊勢神宮内では、天照皇大神、皇大御神(すめおおみかみ)と、呼ばれている。

 

【属性】

太陽

【役目】

神々の長、人々の太陽

【家族構成】

父 イザナギ

母 イザナミ

 

イザナミとイザナギは、「国づくり」をし、島々を作りました。その際、淡路島が一番初めに作られたとされています。

 

その後、「神つくり」を行い、風・木・山・海・川・岩・石・火の神々を作ります。

 

火の神「カグツチ」の神の炎の火傷で、イザナミが絶命してしまいます。カグツチは、イザナギの怒りを買い、十拳剣で罰を受け命を失い、黄泉の国へイザナミの後を追い行ったしまいます。

 

【兄弟】

天照大御神には、兄弟がおり、イザナミの左の目からは天照大御神が、右の目からはツクヨミが、鼻からはスサノオが誕生します。

 

【天岩戸の物語】

天照大御神は、弟のスサノオに甘かったそうです。ある日、スサノオの悪戯が大事件になり、罪悪感から、現在の宮崎県にある天岩戸に身を隠してしまいます。

困った神々は作戦を立て、すぐ近くで宴会をして天照大御神の興味を誘います。気になって出てきた隙に、神々が扉を開け、太陽が戻り、人々に平安な日々が戻ったとされています。

 

 

神話からみる古墳

古事記(7123年)と日本書紀(720年)が日本で

最古の歴史書です。

記紀と呼ばれています。

  • 天地創成
  • 神々の世
  • 神々の子孫である天皇

2つの神話はこのテーについて書かれたものです。

その中でも、出雲40%、日向20%の話題で占めています。

 

古事記の中には一度は耳にしたことのある

  • アマテラスオオミカミ
  • イザナギノミコト
  • イザナミノミコト
  • ヤマタノオロチ
  • テンソンコウリン

などのフレーズもたくさん出てきます。

神話と重ねて古墳を巡れば、古くいにしえの

先人たちの心を感じれるかもしれません。

スポンサードリンク

翻訳ツール

検索

マップ区分

RSS

スポンサードリンク